fc2ブログ

Re-Birth-Day

厳しくも恋 奪うのが愛

2024-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

色々と衝撃的な出来事が起きてどうにかなりそうでしたが、
ようやく落ち着いてきました。

店を閉める仕事が当然ながら夜遅くに終わって、いつもは自転車で仕事先に行くけど、その日はがなく、
冗談半分・本気半分以上(笑)でSさんに

「家まで送ってください!」

お願い

「俺に頼るなぁ!
・・・別にいいけどー」


してみるものです。(笑)

そして駐車場までけっこう距離があって、
2人で一緒に暗い道を歩くのが堪えられないほどドキドキした。

初めて車に、しかも助手席に乗りました。

そして家までどこかを教えて(Sさんはカーナビ?で検索して)出発

すると途中で、突然

「ドンキ行く?」

・・・「行くー!」
・・・行きますよ、行きますとも!

・・・ハプニング発生(笑)

もちろんデートだ!なんて思い違いもいいとこの、浮かれているのは私だけなんだけど

店内をテクテク先歩いていくSさんにひょこひょこ後ろ着いて歩く私、私たち2人は

どんな風に見えるだろうか。

こんな「彼女」連れ歩く人間いないだろうけど、

第三者から、私(たち)を知らない人が見たら少しでも勘違いしてくれるだろうか。

そんなアリエナイくだらないことばかり頭の中巡りめぐってた。


そして家に着いて挨拶してお別れ。

「ありがとうございました。
また、お願いします(笑)」


「え?最後のは聞こえないな(笑)
・・・ドンキならいいよー」



同じ道を走ってるだけでまた思い出してドキドキする。
まるで病気だ。

これじゃ「Sさん、Sさん」言わないよう自重しようにも、できなくなる。
スポンサーサイト



テーマ:片想い - ジャンル:恋愛

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://x901rated.blog118.fc2.com/tb.php/16-2acf36db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

PROFILE

@

Author:@
現在 彼女持ちの人Sさんに片想い中。

毎日 無駄な想いを募らせています。


RECENT COMMENTS


CATEGORY


ARCHIVES


SEACH




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる